ごあいさつ

ホーム三広織布についてごあいさつ

ここから本文です。

社長あいさつ

「優しい」生地で、人の思いも一緒に織る

昭和33年(1958年)の創業以来、私たちは「蚊帳生地」を織り続けてまいりました。

創業当時は主に建築内装に使う「ふすま生地」を製造しておりましたが、建物の様式の変化に伴って「蚊帳ふきん」に着目し、現在では国内トップクラスの生産量を誇っています。
これまで試作品を携えて、幾度となくメーカー様へ提案に伺いました。メーカー様方のアイデアと努力により、蚊帳ふきんは、今や奈良県を代表する商材として広く認知されています。また、蚊帳ふきん以外にも、ハンカチやストール、洋服までもが県内外の百貨店や雑貨店等で並ぶようになりました。
私たちが織った生地で作られた商品を見かけるたび、この市場を一緒にお支えできていると実感し、喜びがこみあげてまいります。

通気性が良く、使うごとに柔らかくなる生地は、メーカー様の手で、人や物を優しく包み清潔に保つ商品へと昇華されます。また、主に綿や麻で織られるこの生地は、いずれ土に還る天然素材。持続可能な社会の実現にも適した製品です。
昔ながらの織物ですが、この「優しい」部分が未来に受け入れられる予感がいたします。

私たちは人の思いも一緒に織っている。そのことを肝に銘じながら、これからもお客様をしっかりとお支えし、良いものを作り続けてまいりたいと存じます。

生地サンプルはこちらから

生地見本
を購入

試作品や見積依頼、各種お問い合わせ

お問い合わせ
見積依頼

製品やサービスについてのご質問など

よくある
ご質問

Copyright © 2021 株式会社三広織布 All Rights Reserved.

このページの先頭へ